アミアンAmiens食べ歩き
アミアンは、パリの北130kmにあり、ピカルディ地方の首都。大聖堂と大学のある町で、落ち着いた趣が特徴。17世紀から繊維産業が盛んで、ビロードの産地としても有名。
アクセス
パリ北駅から急行で約1時間10分。
モデルコース
オルティヨナージュ→大聖堂→お菓子屋さん
(所要半日)
観光スポット
ノートルダム大聖堂Cathedrale Notre-Dame
ユネスコ世界遺産の13世紀の大聖堂。1220年に着工され、わずか68年で完成。外観には初期のゴシック様式が見られる。フランス最大の規模を誇る身廊は42.5m。正面は聖書を彫刻で表現している。ステンドグラスは18世紀のもの。内部はバロックの装飾。16世紀に造られたフランボワイヤン様式のバラ窓も必見。聖堂内の樫材の聖歌隊席には聖書や神話の登場人物、当時の色々な職業の人々など4000人の彫刻がしてあり、パン屋さんもいる。夜間照明は6月16日から9月30日まで毎日行われる。音楽を流しながら、大聖堂の正面に色のついた照明を当て、建設当初の姿を再現しているのだとか。これを目当てに集まってくる観光客も多い。

□オルティヨナージュHortillonnages(湿地栽培園)
ソンム川沿いにある湿地畑で、中世と同じピカルディ地方独特の栽培法で、野菜や果物、花等を栽培している。ここを水路を使って舟で観光できる。所要約1時間30FF。
お菓子屋さん
□Jean Trogneux:ジャン・トロニュー
1, rue Delambre, 80000 Amiens Tel: 03.22.71.17.17
お菓子屋さん兼お土産屋さん。工場製マカロンあり。1個3.3FF。アーモンド、砂糖、ハチミツ、卵白、甘いアーモンドのオイル、苦いアーモンドのエッセンスを混ぜて作る。
□Douceurs & Gourmandises:ドゥースー・エ・グルマンディズ
7, rue Henri IV, 80000 Amiens Tel: 03.22.91.24.23
自家製マカロンは6個21FF。1つずつ包んであるもの(日持ちする)は23.4FF。箱入りもある。チョコレートがけしてあるものは6個で30FF。チョコレートのチュイルもこちらのスペシャリテ。マカロンは、パート・ダマンドベース。この店で聞いた作り方は、アーモンドパウダー、砂糖を半々混ぜ、卵白を加え、ハチミツ、アプリコットのジュレ、リンゴのジュレなどを混ぜる、というもの。賞味期限は1ヶ月以内。作りたてを試食させてくれたが、ふわっとアーモンドが香ってこうばしい。ミニサイズもある。

グルメスポット
□Les Halles du Beffroi:レ・アール・デュ・ベフロワ
80000 Amiens Tel: 03.22.91.70.46
常設マルシェ。ガトー・バチュ大(400g)39FF、小26FF。ガトー・バチュは小麦粉、塩、卵黄、イースト、砂糖、バター、牛乳で作る。縦長のブリオッシュで、上部が平らな形が特徴。味はふわふわの甘味の少ないカステラのようで、酸っぱいような発酵臭がした。
□Etablissements Dubois:エタブリスモン・デュボワ
17, rue de Metz, 80000 Amiens Tel: 03.22.91.32.60
マルシェの向かいの道具屋さん。ガトー・バチュの型(72FF)がある。
*ガトー・バチュの製造元Francis Freoille
rue de l'Eglise, 80132 Quesnou-le-Montant Tel: 03.22.24.13.43
レストラン
□Le T'chiot Zinc
18, rue de Noyon, 80000 Amiens Tel: 03.22.91.43.79
郷土料理の店。
ミックスサラダ フィッセル・ピカルド 小海老のソテー
 
カキューズ 鴨のテリーヌ フラミッシュ
フィッセル・ピカルドは、ハム、マッシュルームをベシャメルソースで合えたものをクレープで巻き、ベシャメルソースをかけて焼いたもの。カキューズは、ラードを塗ったテリーヌ型に豚のすね肉を入れ、スライスした玉葱で覆い、バターを入れオーヴンで焼いてから冷たくして供するもの。ここのものはクリーム煮で、フライドポテトが添えてあった。小海老はベルギーでよく出てきた灰色のものではなく、赤いもの。ビールのつまみにぴったり。ワインが余っていたのでアミアン名物鴨のテリーヌを追加。