オーヴェルニュの地方菓子

土地の産物を使ったお菓子
○フロニャルドFlognarde
オーヴェルニュ、リムーザン、ぺリゴール地方の、クラフティの生地だけを焼いたデザート。古フランス語fleugne「やわらかい、ふんわりした」から派生した語。
○ブールボネ風クラフティ Mias Bourbonnais
タルト型に練りパイ生地をしき、ブラックチェリーを並べ、この上に、牛乳、卵、砂糖、小麦粉で作ったクレープと同じ生地を流し、熱いオーヴンで焼いたもの。焼き立ても、冷めたものもおいしい。
○ミリヤールMilliard
サクランボ入りのクラフティのようなケーキ。
○ファリナードFarinade
リンゴ入りパンケーキ。
グネールGounerre
タルト型に練りパイ生地をしき、ジャガイモの薄切りを並べ、生地でふたをして焼きあげる。
○ピカンPiquant
リンゴあるいは洋梨入りパン。
○ピカンシャーニュPicanchagne, Piquenchagne
ソフトなイースト生地に大きいカットの洋梨(リンゴ、花梨)と砂糖を置き、沈ませて王冠型に成形して焼いたもの。
○ポワラPoirat
ブールボネ地方のお菓子で、練りパイ生地をしいたタルト型に蒸留酒漬けのスライスした洋梨を詰め、同じ生地で覆い、中央に穴をあけて焼き、焼き上がってから上の穴から生クリームを注いで仕上げたもの。
ブーリオルBourriols
オーヴェルニュからリムーザンにかけての地方で、パンの代わりに食べていたもの。ジャガイモをゆでて熱いうちにつぶし、牛乳少量で溶かしたイーストを合わせる。この中にライ麦粉、そば粉、小麦粉などを混ぜ込み、牛乳で溶きのばしてから、布で覆って1日寝かせる。クレープと同じように焼いて、好みでジャムやバターをつけて食べる。
○ガナのブリオッシュBrioche de Gannat
ブールボネ地方にある、グリュイエールチーズ入りのブリオッシュ。

キリスト教にまつわるお菓子
○フワスFouace
エピファニー(公現祭)のお菓子。砂糖漬けのフルーツを入れたブリオシュタイプのもの。
サントル
ファリネットFarinetts(またはパシャードPachade
クレープとオムレツの合いの子のようなもの。復活祭に食べる。
○ポンプPompe
たっぷりのバターとシナモンを入れた折りパイ生地の間にフィリングを詰めて焼いたハレの日のお菓子で、イースターやクリスマスなどに作られる。リンゴ、プラムのジャム、フロマージュブラン入りもある。

お祭りのお菓子
○セヴェンヌ風オレイエットOreillettes Cévenoles
セヴェンヌ地方(中央高地東南部)のオレイエット。マーガリンと小麦粉、卵、水、レモンで生地を作ってフライパンで薄く焼いたもの。
ラングドック
○ブーニェットBougnette
揚げ菓子。粉と牛乳を混ぜた生地を油で揚げ、ハチミツなどをつけて食べる。
○グニーユGuenille
肉断ち期間用の揚げ菓子。

コンフィズリ
○パスティーユ・ド・ヴィシーPastille de Vichy
真っ白な八角形の平たい飴。ヴィシーの薬剤師が考案した。鉱泉水から抽出した塩分を飴に入れたもの。パスティーユという名は、アンリ4世の2人目の妃マリー・ド・メディシスお抱えの砂糖職人の名に由来する。