ボルドーBordeaux食べ歩き
アキテーヌ地方の中心都市は、ワインの積出港として古代ローマ時代すでに繁栄していたボルドー。ピレネー山脈に源を発するガロンヌ川と、東の中央山塊から流れ込むドルドーニュ川が、ボルドー市の北で交わり、ジロンド川と名を変えて、大西洋に流れ込む。この3つの川の両岸に、世界中の人々を魅了する偉大なるボルドーワインを産み出すぶどう畑が広がっている。イギリス支配下にあった時はイギリス本土相手にシェアを拡大し、後に世界に知れ渡るところとなる。ボルドーはパリに似た瀟洒な建物が並ぶ、南西部きっての大都市。ハイテク、健康食品、航空宇宙産業が栄える。伝統と新しい技術の融合を目指しているとか。川幅500m以上の堂々たるガロンヌ川が街の北東をゆったりとカーブして流れ、大胆な景観をつくる。「3人のM」といわれるモンテーニュ、モンテスキュー、モーリアックを輩出した街でもある。
アクセス
パリ・モンパルナスからTGVで約3時間。飛行機だと約1時間10分。空港から市内までバスで15分。
モデルコース
キャプサン市場→ボルドーで一番美しいといわれるトゥルニー通り(Allee de Tourny)→サン・タンドレ大聖堂→大劇場→カンコンス広場→お菓子屋さん
(所要半日)
観光スポット
サン・タンドレ大聖堂(Cathedrale St.Andre)
尖塔が2本高くそびえるカテドラル。1137年にここでアキテーヌの女性領主エレノールが結婚式を挙げた。11〜16世紀ゴシック。北側は高さ85m。手前右手には、かつてボルドー大司教の住居だった市庁舎。紋章は英国のレオパール、フランスの3つの百合、そしてアキテーヌの三日月が合わさったもの。北門はレーザー光線で掃除したそうで、真っ白。黒ずんでいる13世紀のロワイヤル門から中に入る。建物はローマ十字。東に祭壇。7つのチャペル。ステンドグラスは新しい。ボルドーは鉄工芸が有名で、その曲線が美しいという。北のバラ窓の下に、Xの十字架を持つサン・タンドレ。聖母マリアの母である聖アンナの像は16世紀のもので、衣服のひだが素晴らしいそうだ。ジャンヌダルクの像もある。
大劇場(Grand Theatre)
18世紀の代表的な建築物。フランスでもトップクラスの劇場。コリント様式。
□カンコンス広場(Esplanade des Quinconces)
面積が12万mもあるヨーロッパ最大の広場。高さ50mのジロンド党記念碑もある。これは恐怖政治時代、ロペスピエールによって断頭台へ送られたジロンド派の人々を追悼して建てられた塔である。下部を飾る噴水に複雑な彫刻が見られる。もとはお城、今は公園となっている。11月にはハム市が立つ。
お菓子屋さん
Antoine:アントワーヌ
19, cours Portal, 33000 Bordeaux Tel: 05.56.81.43.19
カヌレ・ド・ボルドーが一番おいしいと言われている店。ボルドーにはカヌレ組合なるものが15年前にできて、加盟店は150店ある。ここもその1件。隣はチョコレートの専門店になっていて、ワインのボトル型のチョコレート(実物大)や、樽型のボンボン・オー・ショコラがある。オーナーさんが出てきて、厨房を見せてくれ、焼き立てを試食させてくれる。まさに外はパリっ、中はしっとり。焼き立てはとてもおいしい。カヌレ1つ8FF。6個の箱入りは45FF。タルトシュクレは36FFから。フイユテ(折り込みパイ)は16FFから。情報筋によるととてもおいしかったらしい。マカロンは大15FF、プチが100g25FF。
グルメスポット
Marche des Capucins:キャプサン市場
屋内の常設市場。野菜、果物、肉、魚などが並ぶ。夏でもカキを売っている。奥の方のパン屋でトゥルティエール(ポム、レザン、プラムのパイ)発見。直径12cm位のものが12FF。お目当てのカヌレ・ド・ボルドーは 5FF、3個で12FF。チーズ屋にはロカマドール(8.5FF)や山のチーズ、そして真っ黒なトゥルトー・フロマージュ(13FF)もある。ハム屋には生ハム。69FF/kg。
レストラン
La Tupina:ラ・チュピナ
6, rue Porte de la Monnaie, 33000 Bordeaux Tel: 05.56.91.56.37
ビストロ
。チュピナとはバスク語で鉄鍋のこと。入口に大きなかまど。豪快で素朴な料理。フランスの某有名パティシエおすすめ。雑誌には「田舎の農家に招かれたような豪快で素朴なもてなし」と紹介されている。
<ある日のディナー>
○突き出し
○Terrine de Poireau au Foie Gras
(フォアグラとポワローのテリーヌ)

○Salade de Légumes du Saison Sautés et Rentrèche
(季節の野菜とベーコンのサラダ)
○Sanguette Persillade
(サンゲット:鶏の血を焼き固めた物、
ペルシャード:ハーブ、パセリのみじん切りを基にした調味)

○Salade de Boudin de Canard Poelé
(鴨のブーダンとサラダ)
○L'Agneau de Lait de Notre Region、Epaule Cuite Longuement du Foux
(乳飲み仔牛のかまど焼き)
○Caillé de Brebis, servi avec de la confiture de vieux garçon
(羊の乳を固めた物、アルコール漬けのコンフィチュール添え)


○Glace aux Pruneaux à L'Armagnac
(プルーンのアイスクリーム、アルマニャック風味)

ワイン:Ch.Turcaud(AC Entre-Deux-Mers) 1999、さわやかな白。
Ch.Penin (AC Bordeaux Rose) 1999、ロゼ。(2000/8/19)