ブルターニュ Bretagne


北は英仏海峡、南は大西洋に囲まれた半島にある。5世紀に英国(グランデ・ブルターニュ)から移り住んだケルト人が開拓した地で、その名は英国に対してプティット・ブルターニュと呼んだことに由来する。紀元前3000年頃にはすでに巨石文化が根付いており、紀元前1世紀にはローマ人が侵入した。ブルターニュは独立した公国を築いていたが、アンヌ・ブルターニュ公妃が最初の夫シャルル7世を亡くした後、1499年にルイ12世と結婚、フランス王妃となって、1532年にフランスに併合された。沿岸はフランスの一大リゾート地であり、また屈指の観光地となっている。ブルターニュ地方は大きくバス・ブルターニュ(半島の西部)とオート・ブルターニュ(半島の東部)に分けられる。バス・ブルターニュではフランス語と並行してブルトン語が話され、祭りや風俗、習慣に、よりブルターニュの伝統が色濃く残っている。ブルターニュの海岸線はリアス式に入り組んでおり、潮の干満の差が実に大きく、野生動物の宝庫となっている。また、カキの養殖も盛ん。内陸は丘陵地帯で小麦やソバの耕作量が多く、また、アーティチョークやカリフラワー、エシャロット、玉葱など野菜の栽培も多い。

データ
県名: フィニステールFinistere、コート・ダルモールCôtes d'Armor、
モルビアンMorbihan、イール・エ・ヴィレーヌIlle-et-Vilaine

旧地方名: ブルターニュBretagne
主要都市: レンヌRennes
特産品
プレ・サレ(海の風を受けたヨード、ミネラル、塩分を含んだ海辺の牧草で育った羊、生前から下味、風味がついている)、ナントの鴨、レーヌの肥鶏、カンカルの牡蠣、オマール、レンヌのブーダン、カンペルレのアンドュイエット、ゲランドの塩、有塩バター、シードル、カルヴァドス
おすすめのお土産
キブロンのキャラメル、ポン・タヴァンの缶入りガレット、カンペールの陶器、ゲランドの塩
おいしいものガイド

□ブルターニュ食べ歩きガイド
パリからブルターニュの入口、レンヌまではTGVがある。ブルターニュの北側へは、ここでローカル線に乗る。西側先端へ行くのならカンペールまでTGVで行ける。南側へはル・ボールというナントの先の駅までTGVがある。いずれにしても、電車の便はあまりよくない。
パリからブルターニュへ
パリ・モンパルナス駅からレンヌまでTGVで約2時間10分。TGVは1時間に1本前後。カンペールまでは約4時間30分。ル・ボールまでは約3時間。
都市別ガイド
レンヌ サン・マロ カンカル(メゾン・ド・ブリクール) キブロン カンペール ヴァンヌ
ラ・ロッシュ・ベルナール(オーベルジュ・ブルトンヌ)