サントルCentre

ブルゴーニュ地方、イル・ド・フランス地方、ロワール地方、リムーザン地方が交差する地方。ロワール川沿いは穏やかな気候と美しい自然で「フランスの庭」と呼ばれた。2000年前から変わらぬブドウ畑とワイン酒蔵がある。この地方に最初に宮廷を置いたのは15世紀の王シャルル7世。以後、約200年近くにわたって政治・文化の中心として栄えてきた。ロワールの大河ではウナギや川カマスといった川魚がとれる。ソローニュの森は野生の鹿やイノシシなどのジビエ、風味豊かなキノコの宝庫。そして大平野が広がるボース地方は麦の栽培が盛んなフランスの穀倉とされる。野菜、果物栽培、牧畜も盛んに行われている。
データ
県名: ウール・エ・ロワールEure-et-Loir、ロワール・エ・シェールLoir-et-Cher、ロワレLoiret、アンドル・エ・ロワールIndre-et-Loire、アンドルIndre、シエールCher

旧地方名: トゥーレーヌTouraine、オルレアネOrleanais、ベリーBerry
主要都市: トゥールTours、オルレアンOrléans
特産品
アーモンド、ガティネ地方のハチミツ、オルレアンのワインビネガー、ウィリアム種の梨、トゥーレーヌのシャスラー種のブドウ、トゥールのプリュノー(干しプラム)
おすすめお土産
トゥールのプリュノー
おいしいものガイド

□サントル食べ歩きガイド
ロワールのお城めぐりの拠点はトゥール。パリからトゥールまでは1時間程なので、トゥール、アンジェあたりは1泊2日で巡ることができる。お菓子探しの場合は、ピティヴィエ、マカロンのコルムリー、タルト・タタンのラモット・ブーヴロンなどはずせない町が多い。
パリからサントルへ
パリ・モンパルナス駅からトゥールまでTGVで約1時間。
都市別ガイド
トゥール シャルトル コルムリー オルレアン ピティヴィエ ラモット・ブーヴロン
その他の町 古城めぐり