ガレット・デ・ロワ Galette des Rois

ガレット・デ・ロワ

<パート・フイユテ>
薄力粉 200g
強力粉 200g
水 200g
溶かしバター 40g
塩 8g
バター 240g

<クレーム・ダマンド>
バター 60g
粉砂糖 60g
アーモンドパウダー 60g
全卵 1ヶ
ラム酒 10g
バニラ
薄力粉 10g

@ パート・フイユテを半分に切り、めん棒でたたいて正方形に伸ばしていく。内側に2回4つ折りする。閉じ目をつまんで、丸める。下に粉をつけ休ませる。
A つぶして丸く伸ばす。厚さは2mm弱。直径は30cm。
B ふちを1cm残して、アーモンドクリームを薄く伸ばす。(卵1個分)フェーブを入れる。
C まわりに水をつけ、もう一枚の生地をかぶせる。ふちを指でしっかり押さえる。斜めに切り込みを入れる(シクテ)。
D 溶き卵を塗る。15分休ませて、もう1度塗る。
E 模様を書き、空気穴を6ヶ所位入れる。
F 180℃のオーブンで20分、160℃に下げて20〜25分。焼き上がりにシロップを塗る。(ラム酒入れても良い)

ワンポイントメモ

ガレットとは丸く焼いたお菓子。ガレット・デ・ロワは1月第1日曜日のエピファニイ(公現節)に食べる。フェーブ(空豆)が入る。フェーブは司祭を決める時など、くじ引きをするときに用いられていた

ページのトップへ▲