リムーザン Limousin


フランスのほぼ中央に位置する起伏に富んだ高原地帯。ローマ時代から東西南北の交易路が交わる要衝として発展した。付近では花崗岩が採れる。牛や羊の牧畜が盛んで、とりわけ牛肉は高級な「リムーザン牛」として知られている。また、リモージュで作られる陶磁器も有名。サン・ティリエという町で高純度のカオリンが発見され、1771年にリモージュ焼きが生まれたといわれる。また、ワインの熟成に重要な役割を持つ樽に良質なリムーザン産の樽の木が使われる。

データ
県名: オート・ヴィエンヌHaute-Vienne、クルーズCreuse、コレーズCorrèeze

旧地方名: リムーザンLimousin、マルシュMarche
主要都市: リモージュLimoges
特産品
リムジーヌ種の肉牛、グリーヴ・ラ・ガイヤルドのフォアグラ、リモージュ焼き(磁器)、エマイユ(七宝焼)、シードル
おすすめのお土産
リモージュ焼き
おいしいものガイド

□リムーザン食べ歩きガイド
お菓子好きならクラフティ発祥の地としてぜひとも訪れたい。ただしフレッシュなサクランボは季節限定なので要注意。また陶器好きにも必須。
パリからリムーザンへ
内陸のリモージュへは、パリ、ボルドー、リヨン、トゥールーズなどから急行がある。

パリ・オステルリッツ駅から特急で約3時間。
都市別ガイド
リモージュ