リムーザンの地方菓子

土地の産物を使ったお菓子

○リムーザン風クラフティ Clafoutis Limousin
リムーザン地方発祥の、サクランボ(ブラックチェリー)を入れたパンケーキ。小麦粉、卵、砂糖、塩少々を混ぜ合わせ、牛乳で溶いてクレープと同じ生地を作る。タルト型にバターを塗り、軸をとったサクランボを並べ、生地を流し込んでオーヴンで焼く。熱いうちに粉砂糖をふりかけて食べる。外側に練りパイ生地をつけることもある。語源は同地方の語clafir「つけ加える」。リムーザン地方のクラフティこそ唯一本物のクラフティといわれ、その起源はリモージュと近郊で古くから作られていた「フォニャルダ」というお菓子とされている。また、使用するサクランボはこの地方のコレーズ県のものでなければいけない。ベリー地方ではミヤ・ド・ルヴルーMillat de Levroux、ブールボネ地方ではミアス・ブールボネMias Bourbonnaisと呼ばれている。


Un Air de Campagne, Limoges
○ガルグイヨGargouillau
リムーザン地方の、洋梨を入れて作ったクラフティ。ラテン語gurges「喉」から転じたgargと、俗語geuele「口」から転じたgouleの合成語gargouiller「ごぼごぼ、ごろごろ音をたてる」から派生した。表面がでこぼこなのでこの名がついた。
○フロニャルドFlognarde
オーヴェルニュ、リムーザン、ぺリゴール地方の、クラフティの生地だけを焼いたデザート。古フランス語fleugne「やわらかい、ふんわりした」から派生した語。フランニャルドflangnarde、フルーニャルドflougnarde、フラウニャルドflaougnardeともいう。
○栗のタルトTarte aux Chataignes
ゆでてつぶした栗に生クリーム、卵黄、砂糖を加え、風味づけにラム酒を入れる。練りパイ生地をしいた型に流し、オーヴンで焼いたもの。森林地帯では栗は古くから貴重な食糧だった。
○プンポPompo(またはフガスFougasse
ブリオッシュ生地を使った王冠型の菓子パン。生地を棒状にまとめてから、継ぎ目を上にして丸くする。はさみで周囲に切り込みを入れ、溶き卵を塗り、ざらめ糖をふりかけてから焼く。