オート・ノルマンディ/バス・ノルマンディ
Haute-Normandie/Basse-Normandie


フランス北西部にあって、英仏海峡に臨む地方。8世紀の末に北方バイキング(ノルマン)が進入し、911年にルーアンを首都としてノルマンディ公国を建国したことに始まる。この地方で英仏2国は長年に渡り衝突した。1066年にノルマンディ公ウィリアム1世がイングランド征服に成功した模様は、バイユーに残るタピスリーが物語っている。1204年フランス王国に併合され、14〜15世紀の百年戦争の際には戦場と化した。その末期に活躍したジャンヌ・ダルクは1431年5月30日、ルーアンで火刑に処されている。最終的には1468年フランス領となった。また、1944年第2次世界大戦末期には、連合軍のノルマンディ上陸作戦の舞台ともなった。気候は温暖、風光明媚な土地柄で、セザンヌ、モネら画家達もこの土地を好んだ。ノルマンディの内部ではコクのあるバターやチーズ、ミルクなどの乳製品が生産される。リンゴの果実園も多く、ほとんどの農家ではリンゴの醸造酒であるシードルの小屋がみられる。海岸沿いには中小の漁港があり、漁業も主要産業の1つである。現在の行政区分では2つの地方に分かれる。

データ
県名: セーヌ・マリティムSeine-Maritime、ウールEure、マンシュManche、カルヴァドスCalvados、オルヌOrne
旧地方名: ノルマンディNormandie
主要都市: ルーアンRouen、カーンCaen
特産品
ルーアンの鴨、ドーバー・ソール、クレアンスの人参(AOC)、イジニーのバター(AOC)
アルコール
シードル、カルヴァドス、ポワレPoiré(洋梨のシードル)
ベネディクティンBénédictine(16世紀初頭、フェカンのベネディクト派修道院で作り出された様々な薬草のリキュール)
*食事の間にカルヴァドスを飲んで消化を促進することを「ノルマンディの穴」という。
お土産物
ルーアンのリンゴの飴、カマンベールなどのチーズ
おいしいものガイド

□ノルマンディ食べ歩きガイド
ルーアンや、モネが晩年を過ごしたジヴェルニーはパリから日帰り圏内。
パリからノルマンディへ
パリ サン・ラザール駅からルーアン・リヴ・ドロワット駅まで特急で約1時間10分。
都市別ガイド
ルーアン オンフルール カーン モン・サン・ミッシェル バイユー その他の町