プロヴァンスのワイン
ワイン造りの歴史はフランスで最も古い。ローヌ川のデルタ地帯からニースの丘までフランス南部を覆うようにブドウ畑がある。このブドウ畑はこの地方の耕作面積のほぼ半分を占めている。その中でも有名で多く生産されているのはロゼワインである。土壌は西部では沖積土層の小石、東部は粘土、珪土である。日照は強いが、冬は寒く降雨が激しいことがある。しかしAOC生産者の土地は寒い北風から遮られた場所で、南と南東を向き、海浜地区の穏和な影響を受けている。

ブドウ品種
○白 
クレーレットClairette、ユニ・ブランUni Blanc、セミヨンSemillon
ロールRolle(別名ヴァルマンティノVermentino)
●赤 
グルナッシュGrenache、サンソーCinsaut、ムールヴェードルMourvedre、カリニャンCarignana、
シラーSyrah、ティブランTibouren、ブラケットBraquet


地区
バンドールBandol、カシCassis、ベレBellet、パレットPatetteなど。

料理とのマリアージュ:
この地方で最もポピュラーなのが、サンソー種によるロゼワインである。ブイヤベースとの組み合わせが代表的。ピサラディエールやラタトゥイユなどの料理にも合うが、なんといってもテラスでのアペリティフに最高である。ムールヴェードル種によるバンドールは赤が有名で、仔羊のタイム風味とは格別の取り合わせ。レ・ボーで造られる赤ワインは、カベルネ・ソーヴィニョン種の比率が高く、やはり仔羊や鴨肉のタプナードソースに最適である。少量ではあるが、ニース近くのベレではロール種から、マルセイユ近郊のカシではマルサンヌ種とクレレット種から、上質の白ワインも生産されており、ピストースープや、ルジェ(イトヨリダイ)のポワレと相性が良い。