プロヴァンス・アルプ・コート・ダジュール
Provence-Alpes-Côte d'Azur

フランス南部、穏やかな地中海に面した地方。イタリアとスペインに挟まれた交通の要衝である。背後にそびえるアルプスの山々が、北からの冷たい風を遮る。この一帯で最初に街が起こったのはニースとアンチーブ。ギリシャ人が紀元前600年にマルセイユに植民地を置いた。ローマ時代にはガロ・ロマン文化が栄えた。855年プロヴァンス王国が創立された。13世紀初頭、フランス王ルイ8世はアヴィニョンを包囲。1481年フランス王国領となった。14世紀にはアビニョンに法王庁が移転された。プロヴァンスの名は、古代ローマ属州のプロヴァンキアに由来する。キリスト教化が早い時期に行われたために、クリスマスなどの宗教行事は今でも盛大である。沿岸漁業から沖合で獲れる海産物が豊富。内陸部では仔羊の飼育が行われている。海岸線の東側コート・ダジュールはヨーロッパ屈指のリゾート。19世紀前半に避寒地として注目され、急速に開発が進んだ。ピカソ、セザンヌ、ゴッホなどの芸術家たちもこの地を愛した。
データ
県名: オート・アルプHautes-Alpes、アルプ・ド・オート・プロヴァンスAlpes de Haute-Provence、ヴォークリューズVaucluse、アルプ・マリティムAlpes-Maritimes、ブーシュ・デュ・ローヌBouches-du-Rhone、ヴァールVar
旧地方名: プロヴァンスProvence、コンタ・ヴネサンComtat Venaissin、
コンテ・ド・ニーズComté de Nice

主要都市: マルセイユMarseille、ニースNice
特産品
ニヨンのオリーブ、アプトのフルーツの砂糖漬け、アーモンド(AOC)、シストロンの仔羊、ラバスのトリュフ、エルブ・ド・プロヴァンス
□アルコール
パスティス(アニスと数種類のハーブをベースにしたプロヴァンス独特の風味のアペリティフ)
おすすめのお土産
カリソン、缶入りナヴェット、フルーツの砂糖漬け、オレンジの花の水、オリーヴ油、タプナードなどの瓶詰め、エルブ・ド・プロヴァンス、ポプリ、プロヴァンスプリントの布製品、ヴァロリスの陶器
おいしいものガイド

□プロヴァンス・コートダジュール食べ歩きガイド
マルセイユから東へと旅してもいいし、イタリアからマントンへ入る方法もあるが、一般的にはニースが交通の起点となる。サン・ラファエルからイタリアのヴァンテミリアへ海沿いを鉄道が走る。内陸に点在する鷲の巣村へはバスの便がある。
パリからプロヴァンス・コートダジュール
パリ東駅からニースまで飛行機で約1時間。空港から市内へはバス便で約20分。
都市別ガイド
ニース アヴィニョン アルル エクサン・プロヴァンス レ・ボー・ド・プロヴァンス マルセイユ プロヴァンス郊外