ローヌ・アルプ Rhone-Alpes


フランス南東部、スイス及びイタリアと国境を接する地方。ヨーロッパアルプスの最高峰モンブラン、レマン湖など、美しく雄大な自然に恵まれている。フランスで最も雪の多い地方であり、冬期は多くのスキーヤーが集まる。一方、フランス第2の都市リヨンは美食の街として知られ、商経済の中心地。ローヌ川とソーヌ川の合流点に位置し、紀元前43年にローマの植民市ルグドゥヌムとして建設されて以来、ガリア地方の中心地として繁栄した。2世紀にキリスト教の進展とともに、フランス最古の教会が建ち、中世には教会の勢力が大きかった。フランス王国に併合されるのは1307年。フランソワ1世治下ではフランス・ルネサンスの一大中心地となる。絹織物業がイタリアから伝わり、絹の町としての名声も高まった。この地方には、特産豊富な食材を個性豊かな美食へと変える伝説的なシェフが多い。また、東部のサヴォワは11世紀から領主であったサヴォワ家が12世紀から公国を形成し、1860年フランスに帰属するまで存続した独立国家であった。南部のドーフィネは神聖ローマ帝国領であったが、1349年、フランス王国フィリップ6世へ譲渡され、以来フランス革命まで皇太子親王領地となる。このためフランス皇太子をドファンdauphinと呼んだ。コート・デュ・ローヌといえば、かつては法王のワインだった上質なワインを産出する地域。リヨンのすぐ北側はボージョレ・ワインの産地。ソーヌ川対岸に広がる平地は養鶏が盛んなブレス地方。
データ
県名: アンAin、ローヌRhône、オート・サヴォワHaut-Savoie、サヴォワSavoie、ロワールLoire、イゼールIsère、アルデシュArdèche、ドロームDrôme
旧地方名: リヨネLyonnais、サヴォワSavoie、ドーフィネDauphine
主要都市: リヨンLyon、グルノーブルGrenoble
特産品
エヴィアン水、ブレスの鶏、シャロレの牛、ドンブの魚、リヨンソーセージ(ロゼット)、アルデシュ県のマロングラッセ、ニオンヌのオリーブ油(AOC)、ドローム県のトリュフ、グルノーブルのクルミ(AOC)
□アルコール
○シャルトリューズ:百種類以上もの薬草の抽出液をブレンドして、ブランデーと共に蒸留したリキュール。ブレンドのレシピは、グルノーブル近郊シャルトリューズ山塊にある修道院の、選ばれた僧侶3人だけに伝えられている。
おすすめのお土産
クッサン・ド・リヨン、赤いプラリネ、リヨンのシルク製品
おいしいものガイド

□ローヌ・アルプ食べ歩きガイド
ローヌ・アルプは恵まれた自然環境と充実したレジャー施設により、フランス第一の観光地としての地位を築いている。さまざまな交通網が張り巡らされていて、交通の便はよい。リヨンとジュネーブという2つの国際空港とそれに結ばれた7つの国内空港により空路も整備されている。
パリからローヌ・アルプへ
パリ・リヨン駅からリヨンまでTGVで約2時間。1日約20本。ジュネーブからリヨンまで約2時間。リヨンには2つのTGVの駅があるので要注意。パリから日帰りでランチを食べにくることも可能。
都市別ガイド
リヨン アヌシー シャモニー ペルージュ ル・ピュイ