リクヴィールRiquewihr食べ歩き
ぶどう畑の中にある小さなワインの村。入口にはアーチ型の門があり、そこをくぐるといきなり中世の街並み。1本しかないメインストリートには観光客がそぞろ歩きしている。ゆるやかな坂道の両側にはワインやワイングラス、食料品を売る店が並んでいる。小道には洒落た看板のレストラン。花を飾った時計台が目立っている。
アクセス
コルマールから、月〜土のみ1日8本のバス(Pauli Autocars)で30分。このバスでリボーヴィレまで行くことができる。
<2001年5月のバスの時刻表>
コルマール→ リクヴィール→ リボーヴィレ リボーヴィレ→ リクヴィール→ コルマール
07:35
11:00
12:10
14:10*
16:10*

17:10
18:10
19:10
08:08
11:28
12:38
14:38
16:38
17:38
18:38
19:38
08:23
11:43
12:53
14:53
16:53
17:53
18:53
19:53
09:10
13:00
15:10*
17:00*
18:25
09:25
13:15
15:25
17:15
18:40
09:55
13:45
15:55
17:45
19:10
                                             *は学校が休みの日は運休
インフォメーション: 2, rue Premiere Armee Tel: 03.89.49.01.11
ww.ribeauville-riquewihr.com
モデルコース
11:00コルマール発→11:28リクヴィール着(バス)
14:38リボーヴィレ発→14:53リボーヴィレ着(バス)
(所要3時間)
観光スポット
アンジ美術館Museé Hansi
16, rue du General de Gaulle Tel: 03.89.47.97.00
アンジ(1873〜1951年)は、アルザスの伝統的な風俗を多く描いたコルマール出身の風刺画家。彼の描くアルザスの衣装をきた女の子(ハイジに似ているハンジと思っていたのは私だけ?)や風景などの作品は、陶器の模様になったり、絵はがきになったりして、アルザス中の観光地で売られている。ここはその本家。1階がショップ、2階が美術館になっている。1階のレジでお金を払って(10FF)、2階へ。こじんまりとした4部屋位の美術館だが、日本語の説明書もある。彼の絵画や絵皿などが飾られていて、1室には大きなテーブルと椅子があり、ビデオを流している。店の看板やメニューなども手がけていたようだ。下のショップでは、壁掛けや絵、絵本、絵はがき、フェーブ(小さな陶製の人形)などを売っている。

グルメスポット
□Dopff & Irion
66, rue du General de Gaulle, 68340 Riquewihr
Tel: 03.89.47.19.02
ワイナリー。試飲もできる。