キリスト教とお菓子
キリスト教とお菓子 > エピファニーとガレット・デ・ロワ

エピファニーとガレット・デ・ロワ

1月6日はエピファニー(公現節)です。東方の三賢者が流れ星に導かれベツレヘムに到着し、キリストの誕生を確認した日です。「エピファニー」は、ギリシャ語の「Epiphaneia」からできた言葉で、「出現」を意味しています。

三賢者とはエチオピアのカスパール、アラビアのメルキオール、カルデアのバルターザルで、それぞれ黄金、乳香、没薬の贈り物を持っていたといわれます。この3人がベツレヘムに到着し、馬小屋のわらの中に寝かされていたイエスの誕生を確認したのが1月6日です。

異教徒世界の人間が、異教徒世界にキリストの誕生を知らしめたということで、エピファニー=出現とされています。

しかし現在ではこの日は人が集まりにくいということもあって、1月の最初の日曜日となりました。


この日に食べるお菓子がガレット・デ・ロワ(王様のガレット)です。このガレット・デ・ロワは一般的にはフィユタージュ(折りパイ生地)の間に、アーモンドクリームをはさんで焼き上げた、たいへんシンプルなお菓子です。

地方によってはブリオッシュ生地などを丸く焼いたものなどもありますが、必ず紙などで出来た王冠がつき、フェーブ(そら豆の意味)といわれるものが入っています。

年の始めに親しい人たちが集まり、ガレット・デ・ロワを切り分けて、自分の一切れの中にフェーブが入っていたら、そのパーティーの席で王様や女王様になり、パートナーを選んで2人でシャンパンで祝福を受け、その一年は幸運に恵まれるというのです。

フェーブとして本来はそら豆が入っていたのですが、キリストの誕生にちなんだマリア様の像や、布にくるまれた生まれたばかりのキリストや、馬小屋で生まれたので馬の蹄鉄の形の陶器などが使われるようになり、現在では、素材も形も様々になっています。


フェーブを使ってさまざまなことを決めるということは、古代ギリシャ・ローマ時代から行われていたようで、ベブライでは宴会の席では必ず毎回、王を決めるしきたりがあり、ギリシャ時代の豪華な宴会の席では、その会における王を白や黒のそら豆を使ってくじ引きをして決めていたといわれています。

ローマ時代、農耕の神とされる「サトゥルヌ」(または、サトゥルヌス)をたたえる祭り「サトゥルナル」(または、サトゥルナリア)が皇帝ドミティアン(ドミチアヌス)によって行われたが、ギリシャ時代のようにそら豆をひき、その祭りの王を決めていました。この祭りは、12月の17日から23日の間の冬至の日に行われていたのだが、その後1月6日まで引き続き行われるようになりました。

キリスト教が普及するにつれて、民衆はこの祭りを年末の恒例とするようになり、これがクリスマスに変わっていったともいわれています。


ガレット・デ・ロワは、987年のフランク王ユーグ・カペーに始まるカペー王朝の頃から食べられていたようです。ずっと昔は、パンの中にフェーブを隠し、くじ引きに使われていたのですが、次第にお菓子の中に隠すようになったようです。

中世以降、エピファニーは各地に広まり、各家庭で「ガトー・デ・ロワ」が作られるようになりました。現在ではフィユタージュが使われますが、この生地が使われ始めたのは十字軍の時代からだそうです。

ある歴史書によれば、フィユタージュは1453年にオスマンの精油を使って作られ、トルコで発達し、ペルシャで「Bourreck」としてずっと使われていたといいます。

そのルセット(製法)がトルコの料理人によって、ルイ13世、14世の時代にフランスに入ってきたとされています。また、18世紀の初めには、それまでお菓子屋のみが作っていたガトー・デ・ロワの製造権をパン屋にも与えろという紛争が起こり、当時の高等法院で争われたこともありました。

また、革命の後にはこのお菓子を、王様のお菓子ではなく、平等のお菓子と呼んでいたこともあったそうです。

キリスト教の行事にお菓子はつきものです。このサイトではキリスト教に由来するお菓子をご紹介します。

Copyright (C) 2012 キリスト教とお菓子. All Rights Reserved.