トゥールーズToulouse食べ歩き
トゥールーズはフランス第6の大都市で、ハイテク産業、学生の町である。旧市街地には赤レンガ造りの建物が建ち並び、"バラ色の街"と呼ばれている。市庁舎前のキャピトル広場には市が立つ。一角にあるマクドナルドもレンガ造り。サン・セルナン寺院へ続く通りには、アラブ菓子の店「Saf Saf」、ミッシェル・ブランの支店(本店にはないスミレのリキュールのボンボンがあった)、スミレの製品ばかりを集めた店「Reyals」等がある。トゥールーズはスミレの砂糖漬け発祥の地でもあるのだ。
■パリから飛行機で約1時間20分。空港からバスで約15分。

観光スポット
□サン・セルナン寺院(Basilique St-Sernin)
サンチャゴ・デ・コンポステラの大聖堂にならって12世紀に造られた。上へ行くにつれて細くなる階層式の八角形の鐘楼、上方が尖ったアーチなどが独特。

市庁舎(Capitole)
旧体制時代のすぐれた行政官の名にちなんで、キャピトルと呼ばれる。18世紀に建てられ、イオニア式付け柱で飾られている。
(訪問日:1997年8月27日)